有馬温泉の泉質

有馬温泉の泉質は塩分と鉄分を多く含み、褐色がかっている含鉄強食塩泉は着色され金泉(きんせん)と呼ばれています。透明なままの温泉は銀泉(ぎんせん)と呼ばれています。

この金泉・銀泉という呼び方は、有馬温泉旅館協同組合の登録商標となっていますが、熱源については解明されていない部分が未だに多く残されています。銀泉は無色で臭いも味もないのが特色ですが、二酸化炭素泉とわずかにラドンを含んだ放射能泉とに分かれます。金泉は多少とろみがありますが、銀泉はさらっとした湯ざわりとなっています。金泉と銀泉の二つの温泉を交互に楽しむことにより、相乗効果があると言われていますので、同じような色の温泉でも有馬温泉以外の温泉地では金泉などという呼び方は出来ないことになっています。

二酸化炭素泉は酸味のある発泡性の温泉で、名前の通り飲んでみると爽やかな炭酸特有の喉ごしが楽しめます。有馬温泉に行くときには糖分を持参し炭酸泉を楽しむという人もいるそうです。二酸化炭素泉には食欲増進の効果があるといわれています。放射能泉(ラドン泉)も新陳代謝を活発にさせて食欲を増進させる効果があります。