留学保険

留学保険

留学保険・駐在員保険 とは、海外旅行保険ではカバーしきれない「アパート、マンションの家主への賠償責任(何か問題が起こったら、所在をはっきりさせないと、再発する可能性が高くなります)」や、「住宅内の家財などの盗難・破損」、家族の死亡や危篤による「一時帰国費用」などの補償にも対応する保険です。保険期間は最長で1年までです。インタ−ネットからでもすぐに契約する事ができるものもあります。

留学する間を安心して過ごすためには、海外留学保険への加入が非常に大切です。なんでかというと、海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)外での医療費は日本の医療費(控除が受けられるかもしれませんから、領収書は大切にとっておきましょう)よりも高く、たとえ風邪(厳密に言うと、インフルエンザとは畭なります)をひいて病院を受診しただけでも、予期せぬ出費を強いられることになってしまいます。海(最近では、いざという時の避難経路を確認することが推奨されていますね)外での事故や病気(先天的なものも少なくないでしょう)、日常のトラブルなどの万が一の備えが海外留学(日本人だけで集まらない、日本語を使わないということが最低限守らなくてはいけない注意事項です。また、現地での文化や生活習慣なども事前に学んでいくべきですね)保険なのです。

海外留学保険では、具体的にどういったときに保険金が支払われるのかっていうと、病気や交通事故などで怪我をしたときの治療費、入院費、緊急移送費、治療に必要である交通費や通訳雇入費用などと言ったほか、家族などの救援者の渡航、宿泊費用も対象になります。また、他人のものを壊してしまったりという法律上の賠償責任を負った場合や、盗難や事故により自分の所持品が損害を受けたときには、各保険会社の定める範囲内で時価補償を受ける事ができるはずです。

海外留学(日本人だけで集まらない、日本語を使わないということが最低限守らなくてはいけない注意事項です。また、現地での文化や生活習慣なども事前に学んでいくべきですね)保険では、もしも留学先で病院を受診する場合に、提携の病院であればその場でお金を払わなくても良い「キャッシュレスメディカルサービス」や、病院に診察をうけるかどうかを迷っているときに、その応急処置なんかのアドバイスをしてくれる「医師(最近では、セカンドオピニオンを利用する人も増えてきているようです)ホットライン」などのサービスがついているものもあります。こういったサービスや特約(あくまでも主契約にプラスするものなので、特約のみでの契約はできません)などもよく確認して、自分に合った留学保険を選ぶといいでしょう。


 

サイトマップ