有馬温泉

有馬温泉は三古泉・三名泉の一つとして知らる日本を代表する温泉です。古くは太閤秀吉が愛した温泉地なので由緒ある関西の奥座敷です。アクセスも有馬温泉は、大阪や神戸三宮から近く交通の便が良い為日帰りでも観光でも楽しめる温泉地なのでじっくり楽しみましょう。

有馬温泉の魅力の一つは瀬戸内海国立園庭の区域に隣接していて、温泉に加えて四季折々の自然豊かな景色です。花桜や紅葉も楽しみ、日頃の生活で疲労した体を温泉で癒しましょう。

有馬温泉の温泉街は通る道が狭いですが、自然の中の温泉地として十分に満喫できます、静かな温泉街でゆっくり温泉を楽めるのも魅力です。勿論足湯とかも楽しめますよ。

気になる有馬温泉の成分ですが、環境省の指針で二酸化炭素泉、硫酸塩泉、単純性温泉、含鉄泉、酸性泉、硫黄泉、炭酸水素塩泉、放射能泉、酸性泉の9つの主組成を療養泉としていますが、有馬温泉は硫黄泉と酸性泉以外の7つの組成が含まれています。多くの成分が混合されている温泉は世界的にも珍しく観光メインというより温泉メインで楽しんで欲しいですね。

とはいえ有馬温泉は旅館も素晴らしいので有名ですから、宿泊場所はじっくり吟味して頂きたい処です。評価の高い旅館を紹介しますのでチェックしてみて下さい。

>>有馬温泉の旅館チェック

由来を持つ温泉地

有馬温泉は長い由来を持つ温泉地ですが、古くから湯治場として栄えてきた街でもあるんです。藤原道長や豊臣秀吉など一杯の権力者や著名人が湯治に訪れたという由来も残っているかもしれません。温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)街には一杯の土産物屋や飲食店が建ち並んでいるのです。ゆっくり町並みを歩くのも旅の楽しみのひとつだと思いますが、その土地ならではの美味しい食べ物を食べるのも楽しみではないでしょうか。

有馬温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)では一杯の美味しい食べ物が食べられますので、旬の会席料理などもお勧めですが、明石の海で捕れた清新な魚介類を味わうことも出来ます。神戸牛やブランド化され評判になった丹波の黒豆等もあるのです。景色を見て温泉で癒され、美味しい食事で体も心も充足しリフレッシュ(旅行や温泉に行くなんていうのもいい方法ではないでしょうか)させることが可能な有馬温泉は、多くの人を楽しませてくれる温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)地であると言われています。

有馬温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)に行った際には、ぜひ旅の記念にお土産をお買い求めみてください。自分自身だへのお土産として買えば、家に帰ったあとでも有馬温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)のよさが思い出され家族の会話もふえるのではないかと思います。有馬温泉ではさんしょうが多く使用されていますが、有馬と言われる付く料理の大方に山椒が使われていますので、ぜひ味わってみてください。

泉質は塩分と鉄分

有馬温泉の泉質は塩分と鉄分を多く含み、褐色がかっている含鉄強食塩泉は着色され金泉(きんせん)と呼ばれています。透明なままの温泉は銀泉(ぎんせん)と呼ばれているはずです。

この金泉・銀泉という呼び方は、有馬温泉旅館協同組合の登録商標となっていますが、熱源については解明されていない部分が今尚多く残されているのです。銀泉は無色で臭いも味もないのが特色ですが、二酸化炭素泉とわずかにラドンを含んだ放射能泉とに分かれます。金泉は多少とろみがありますが、銀泉はさらっとした湯ざわりとなっています。金泉と銀泉の2つの温泉を交互に楽しむことにより、相乗効果があるになりますよねので、同じような色の温泉でも有馬温泉以外の温泉地では金泉などという呼び方は出来ないことになっています。

二酸化炭素泉は酸味のある発泡性の温泉で、名前の通り飲んでみると爽やかな炭酸特有の喉ごしが楽しむことができます。有馬温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)に行くときには糖分を持参し炭酸泉を楽しむという人もいらっしゃるみたいです。二酸化炭素泉には食欲増進の効果があるといわれていますよ。放射能泉(ラドン泉)も新陳代謝を活発にさせて食欲を増進させる効果があります。

新開地駅

有馬温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)は交通の便に恵まれているところにあり、多くの人が利用しやすい環境にある温泉です。有馬温泉へは種々な方法で行くことが出来ますので利用し易い方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)を選び、自然味あふれる素敵な温泉をゆっくり堪能してみてください。まず神戸方面から行く場合、阪神電車・阪急電車・山陽電車で新開地駅まで行きます。

神戸電鉄に乗り換えて有馬温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)駅で下車すれば、温泉街にすぐに到着することが出来ます。三宮駅・新神戸駅から神戸市営地下鉄を利用して、北神急行電鉄に乗って谷上駅で神戸電鉄に乗り換えるといった方法もあります。JR三田から神戸電鉄を利用して有馬温泉に行くやり方もありますね。途中有馬口駅で乗り換えるか阪急バス有馬温泉行きを利用しましょう。

バスを利用して有馬温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)に行く場合、幾つかの方法がありますが、観光しながら有馬温泉に行きたいっていう方は、バス・六甲ケーブル・六甲有馬ロープウェイを乗り継ぎ六甲山超えの方法もおすすめです。神戸空港からはポートライナーで三宮駅に行き、バスなどを利用するといいでしょう。

有馬温泉の泉質
有馬温泉のアクセス
金泉・銀泉
日帰り入湯
神戸から車で30分
食べ放題の有馬といえば

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

QRコード